CES | 月 8 馬尾症候群

ces awarenss wristband私の 8 今月で 馬尾症候群 今の本にあり、何月! 私たちは9月に戻って私たちの古い家に移動 6 開梱のプロセスを開始した. 私は9月からの時間を脱い 6 - 15 私は、この動きを監視助けることができる (そして多分少し助ける。) 我々は徐々にそれを取ってきた, 我々のエネルギーや痛みのレベルを計量. 妻と私は非常に一緒に私たちの時間を楽しんだ. 私たちは一緒に私たちの祈りの時間を行なっ​​たし、それからの深さでそれを議論, 多くの場合、その上に時間以上の日を過ごす. 私たちは、真実の多くは声明の中で存在することが判明, 「より近いカップルが神に到達する, 近い彼らはお互いに着く。「我々はリラックスした雰囲気の中での再接続の楽しい時間を過ごしました. 我々は確かにこの時間が必要!

直前月の終わりに 7, 私は、CESと戦って低点に達して. 物理的な挑戦の長い一日, 感情的損害, 妻への負担も同様に頭に来た. 私はそれを知りませんでした, しかし、神は、わずか数日離れてあったものを掲載して準備していた. 私は一晩に数時間を過ごしたように、彼は完全に私を壊した, すすり泣き、彼に叫ん. 私は答え、理解を求めていました. 最終的には, 私は物理的に費やされました, 感情的に, 精神的にも精神的に. 何もありませんでした. いいえプロンプトん, 何コンフォートん, いいえ答え. 私は眠ってしまった.

Blessed be your nameすぐに次の朝目覚めたとき, 私は、神が答えていた知っていた. 彼の平和はこれまでにないような私にだったと私は私を包む彼の快適さを感じた. 物理的な意味ではない, ちょうど知る, 私の幸福を通じて, 彼が聞いていたし、私のために彼の愛を見せていたことを. それは、人生観を変えた, 馬尾症候群私, とはるかに. 私もこのブログのタイトルを変更. あなたはここでそれについての詳細を読むことができます - http://wp.me/p3A64Y-7V

試験中に妻と私は移動した後、一緒にやっていた, 私たちひとりひとり (別々に) 我々は徐々に神から私たちの生活をバック取っていたと彼は私たちをバック呼び出していたことを十分に彼にコミットすることの実現に来た. それは私たちが今までそれがあると考えていたよりもはるかに多くのことが明らかだったので、私たちはそのコミットメントの深さを探求. 私たちそれぞれがその日にそれを熟考したよう, Wordがで沈没. その日の夕方, 私はすべてに行くことにしていたこと私の妻に言った - 彼の目的のために神に私の人生をもたらす. 彼女は同じ決定をしていた. 私たちは一緒に喜んだ.

月に 8, 私も自分の馬尾症候群に関する法的措置のために道の終わりに来た. 私が持っていた 2 独立した法律事務所は、可能な医療過誤請求のためのケースを見て. 両方の弁護士は間違いなくあったことを言う 医療過誤 私にコミット. 但し, オハイオ州の法律の下で, 医療過誤事件の「値」は医療過誤が違いを生じた場合は、結果はあったであろうどの程度改善によって決定されます. 私は非常にこれまでの私の回復を主によって祝福されています. 馬尾症候群に罹患している人ほとんどが主に左または自分たちの生活の残りのために、完全に無効になっている - 痛みに対処する, 感情のしびれ/不足, 膀胱と腸の問題や性機能障害.

私は私の手術以来、ハードにプッシュしてきた, その後、病院で急性のリハビリで週に費やす 2 外来患者数ヶ月 理学療法. 私は忠実に私のストレッチやエクササイズをやった. 私は仕事に自分自身をバック意志と数ヶ月痛みを働いていた. 私の回復, 客観的な基準で, 目覚ましく. 手術時に、私の予後は、CESを診断し、治療する上で、医療過誤や遅延による最悪の結果は部門にいた. 神はそれらすべてをだまさ. 私はまだ、上記の問題のすべてを持っている, しかし、彼らは私の活動の適切な治療や賢明な制限が非常に管理可能. 私がトップにいるよ 5% 転帰の可能性. だから、医療過誤が発生していなかったことを見ることができます, 私の実際の結果は多くのではないでしょう, もしあれば, それがあったより良い. 合法的に, つまり、医療過誤は問題ではなかったことを意味. 私は私の人生の残りのためのこれらの症状や制限に対処されますが、私は必要以上良いをしていますので、, それは何も価値がない. なんと? 私は良い医療過誤のケースを持つように不十分十分に行った上で、私の回復を取るよ - 任意の日!!!

妻と私は主に完全にコミットし、降伏後一週間は、私たちに大きな精神的な攻撃の一つであった. 間違って行くことができるすべてをしました, 10 それがなかった倍以上. した後、いくつかの! 私は自分の中でそのようなものを見たことがない 55 年. 我々はすべてに生じた問題にとても圧倒された, 無節操な事業と戦っから, 健康と保険の問題に, ホーム, 生活と自動車保険, メールしようとして行方不明 (それは一つの重要な手紙を取った 20 それを作るために日 40 マイル), 輸送中に消え薬局受注 (そして、それを修正するために会社内の誰にも到達できない), 車の問題, とはるか, 一層!

最初は, 私たちは、古い方法に戻って落ち、圧倒され、怒りを感じるようになった. しかし、神は私たちが何であったかに戻りましょうするつもりではなかった. 彼は、それが精神的な攻撃があったことを示し、彼の快適さで私たちを落ち着か. なんと, 彼は正しかった. それのどれもが彼を驚かせていません, 彼は彼らと望んでいるものは何でもすることができますので、彼は私たちの生活を持っている, その結果は驚くべきものだった. 我々は、すべての祈り全国から祈りの要求と、多くの人々を出す. 我々は保護され、攻撃が終わった.

今月の残りの部分で 8, 私は今通勤してい 100 マイルの日, 往復. 私はで動作するように旅行をすることができます 45 分. 但し, トリップ·ホームは約かかります 65-75 分. 昔に (先月), 私は、その時間内にロードレイジと目の色を変えて自分自身を働いているだろう! 今, 神は私が家に帰るときに私が仕事を得るときを制御している. 私はちょうど彼と話をし、必死に疲れたされている他のドライバーに礼儀正しくあることを楽しんで. 私は私が他の人よりも早くトラフィックを移動することができ、私の "優れた"運転技術に誇りに自分自身を使用. 今、私は他の人を助けるためにドライブ, 彼らはしばしば、それを知ることができませんにもかかわらず、. そして私は新しい道をはるかに大きな電荷を取得!

Charles Spurgeon (C.H. Spurgeon)

チャールズ·スポルジョン (C.H. スパージョン) (フォトクレジット: ウィキペディア)

要約で, 今月末に 8, 生活は快適です. それは確かに私が個々の側面から設計やと思ったであろうものではありません. しかし、神は私の人生で作られ、私と彼の関係で私に何をしたかの全体を, 素晴らしいです! 私が今まで1が愛することを知っていたよりも、私は自分の妻を愛するより. そして、私のクリスチャンの家族のための愛は何倍にも乗じています. 私の人生は、今私は私のために、神の願いになるであることを知っている人生を歩むように、私は他の人を助けることができるかに焦点を当てています, 言葉で, 感想, とアクション, イエスの延長. 他の人が私と対話するとき, 彼らはイエスと彼らのために彼の愛を見なければならない. これが今の私を駆動ものです. それは、キリスト教徒を名乗るすべての人をドライブするべきである. チャールズ·スポルジョン かつて言った, "すべてのクリスチャンは、宣教師や詐欺師のどちらかである.「あなたはどちらです?

月 8 =より正常な感じ, チクチクする痛みを伴うにチクチク痛くないのより変更 (これは正常な感覚に向けた動きを意味し), より良い腸 & 膀胱の活動. 私は神経が再生のほとんどが最初に発生すると年間再生成するだろうと言われました 6 ヶ月. 私は今月以降有意な変化がなかったと思います 2. たぶん私はあまりにも忙しかった 戦闘 馬尾症候群のではなく、 暮らし それと. 私は彼がそのように動作信じていないので、私はこれが彼にもたらすために神からの報いであると言うつもりはありません. 彼は私たちすべてを愛し、私たちのすべてがイエスを信頼したい, 救いのための第一、第二の人生のために. まず我々は彼との正しい関係を持っており、1日に天国で彼と一緒に暮らすことができる唯一の​​方法として、我々の場所にイエスの死に頼らざるを - 彼が可能にするか、私たちの生活の中で発生しているのは、これらの二つの目標に私たちを持っている. 我々はそれをやったら, 神はイエス·キリストのイメージに私たちを作るために、私たちの方に彼のすべてのリソースを焦点を当てて - 私たちは、イエスのように親切と愛情の言葉を持って成形されている, イエスのように優雅で寛大な考えを持っている, とはないWWJD (何がイエス行うだろう?) しかしWDJD - イエスは何をしました? 彼はどのように他の人のために、父の愛をもって行動しなかった? 私たちは、彼が今日何かについてのように作用するであろうとは思いませ, 代わりに、すべてのものの彼の愛から行動.

何月! どのような生活! 読んでくれてありがとう, 私の家族, 私の友人, そして彼の精神の私の拡大家族.

Zemantaのによって強化

注釈

  1. リサ 言う

    hi,my name is lisa, i found your blog searching about caudal equina syndrome. i am very happy that i found you. i am christian asweel,and i have the same symptoms as you.i live in united kingdom,i am only 25 years and i am in month 7. in 18 may 2013 i was having the surgery of decompression after the 4 days after the delivery of my baby on the 14 th of may.i was developing caudal equina after an epidural injection which was causing a hematoma and pressed over my spinal nerves.i am a lot much better and i give thanks God that he cares for us and loves us so much.we need to trust him and no matter what doctors are saying,,, we have our God which is our almighty saviour and can make miracles. i am depressed sometimes ,,,i have no hope,,,but in those moments i start praying and God is helping me going forward. please accept my mistakes on writing,,i am not a very good english speaker.keep in touch,i will pray for you for a complete and healthy recovery..all the best for the new year! 神のお恵みがありますように!!

    • duthank 言う

      Thank you for your story, リサ! My wife and I will be praying for you. I have also had times of depression and many times of feeling like God has turned His back on me. As you say, we know He loves and cares for us. It takes time, and a lot of talking with God, before we come to realize that He will use anything (馬尾症候群) which comes into our lives for good. We have to seek that good and know that He will bring it about someday. Maybe not when we want it, but when it fits His plan. I do not update my blog much, but you’re always welcome to come back.

      There are several organizations in the U.K. which help people with CES adjust. Claire, at the Cauda Equina Syndrome Association is a good resource. Her website is http://www.cesassociation.org.uk and their Facebook page is https://www.facebook.com/caudaequinacesa

      May God help you to grow closer to Him and bless you, リサ!

s2Member®
%D このようなブロガー: